介護に必要な用品を揃えることで効率が上がる

必要な介護用品定期購入のメリット

介護を行なう

介護用品って高いんですね

ある日、突然私の妹が「脊髄炎」という病気にかかり下半身麻痺になりました。 その時から家の生活は180度というのは言い過ぎですが、変わりました。 妹はまだ30代、仕事もしていましたので、私と母で妹を介護するなんて実感も なく、退院の日は近づき「介護保険」を使用することになった妹は、 「介護用品」車椅子やベット、オムツなども用意しなくてはいけないのですが、 ここが保険制度の面倒なところで、オムツと尿取りパットは、介護保険を使用できず、「身体障害者」になった妹は、そちらの保険制度も使用できその制度で、オムツを頂くのですがこれが130枚まで、それ以上は実費となります。 そして今まで関係のなかった大人用オムツという介護用品が、以外に高いということを知りました。 急に働き手の一人を失った我が家には、オムツも保険制度で限度は、ございますが 利用できると情報を下さったケアマネジャーさんには、感謝です。

尿取りパットの工夫方法

とは、いっても支給されるオムツや尿取りパットの数は130枚です。 1ヶ月この枚数をうわまわないようにするには、少しでも「尿」の漏れを ふせぐことでした。 下半身麻痺の妹には、大変なことだったかもしれませんが3〜4時間ごとに ポータブルトイレに座らせる訓練をすると、最初のほうは、パットに漏れていた「尿」がもれなくなり、尿取りパットが汚れなくなったのです。 妹も「尿意を感じるようになった」「おトイレに座りたい」と自主的に行動しはじめ 今では、なんとあのお高いと思っていた介護用品の1つ「オムツ」から解放され パンツに尿取りパットになりました。 さすがに夜は、まだ「尿」が漏れるのですが、これも看護師さんに教えて頂いたのですが「尿取りパットをキザキザにおり、陰部に直接あてるとそのキザキザがキャザーになり、尿もれをふせぐ」とのことでした。 早速、行ってみると以前よりかなり尿漏れの回数もへりました。 介護用品を使用する頻度が減り、妹もそれにつれ回復してきたように 私には、思われる毎日です。

  • 個人に合った用品を購入する

    介護を行おうと考えた場合、要介護者にどれだけ負担をかけずに済むかということを考える必要があります。そのためには、介護用品を購入するようにしましょう。様々な用品があるので、必ず個人に合うものを選択しましょう。

    ▶もっと読む

  • 主に使用されている

    介護用品には様々な種類がありますが、その中でも特に多く使用されている種類がいくつかあります。車椅子や昇降機などの用品が、主に多く使用されている介護用品となります。

    ▶もっと読む

  • 生活環境の改善

    住宅内の環境をより良く改善するために最適な方法として挙げることができるのが、リフォームという作業です。このリフォームを行なう際に誰もが過ごしやすい設計ということで、バリアフリーが現在人気です。

    ▶もっと読む

  • 自宅外での介護

    高齢者の介護を自宅で行なうことが難しくなってしまった場合は、家族以外の人に助けを求めるようにすることが大切です。その方法として最適なことが、老人ホームを利用することです。

    ▶もっと読む

  • 住宅の設計を変える

    人気の高いリフォームの内容に、バリアフリーという方法があります。この内容のリフォームを選択することによって、高齢者でも不便なく生活できる環境を整えることが可能となります。

    ▶もっと読む

Copyright(c) 2015 介護に必要な用品を揃えることで効率が上がる. All Rights Reserved.